小規模事業者コロナ時・災害時特別対策委員会(全ト協)の答申について

(掲載日:2021年06月30日)

小規模事業者コロナ時・災害時特別対策委員会(全ト協)の答申について

 

 全日本トラック協会では、新型コロナウイルス感染症や自然災害の影響下における小規模トラック運送事業者の経営対策について、会長の諮問委員会として「小規模事業者コロナ時・災害時特別対策委員会」を令和2年度に設置し、日貨協連 吉野会長が委員長に就任しています。
 
 先般、委員会の議論により小規模事業者の課題とあるべき姿およびトラック協会の支援策を取りまとめ、4月14日に吉野会長から全ト協坂本会長に対して答申書を提出しました。
 
 トラック運送事業者は、今般の新型コロナウイルス感染症感染防止に向けた経済活動や個人消費の停滞等により、輸送量や収入、利益などの面で厳しい影響を受けています。同答申書は、コロナ禍の影響等により、事業経営の維持が危惧されている小規模事業者に対し、全ト協として支援策の重点的な推進を求める内容となっています。全ト協では本答申を受けて実施する支援策について、順次公表することとしています。
 
 日貨協連では、全ト協と連携して答申内容に係る支援策等に協力していきます。
 
小規模事業者コロナ時・災害時特別対策委員会 答申について(外部リンク:全ト協)
小規模事業者コロナ時・災害時特別対策委員会 まとめ(PDF)

 


TOP